日常に心地よさと洗練をもたらす健康的なライフスタイル提案

東洋医学

夏のフレッシュな食材で涼を感じよう!東洋医学的「夏の野菜」の効果と食べ方

夏野菜を夏に食べるとなぜ良いのか?

夏野菜の摂取は、暑い時期に健康を維持するために重要です。夏に旬を迎える野菜の中でも、きゅうり、なす、トマト、ゴーヤなどが特に注目されます。一般的にも、「旬の野菜は体に良い」と言われていますが、東洋医学的な視点でもこれらの夏野菜は暑い季節を健康に過ごすために役立つ働きをたくさん持っています。

夏野菜には、体の熱を冷ます効果や、汗によって失われた水分を補う働きが主にあります。具体的には、体の余分な熱を取り除いて体温を下げる「清熱作用」、暑さによる不快感を解消する「解暑効果」、体を潤して渇きを癒す「生津止渇効果」、湿気を排出する「利水・利湿・利尿作用」などがあります。

特に女性にとって、夏は暑さによる心身のダメージや多量の発汗による体力消耗が懸念されます。この時期には、東洋医学で重要視される「気・血・水」のバランスが崩れやすくなり、不調を引き起こす可能性があります。そこで、きゅうり、なす、トマトなどの夏野菜を摂取し、体をクールダウンさせて水分補給を行うことが重要です。暑い時期に夏野菜を食べることは、東洋医学的な観点からも合理的な選択です。

夏野菜には涼しさや寒さをもたらす性質が多く見られる

東洋医学では、食べ物にはそれぞれ温めるか冷やすかといった性質があります。これを「熱性」と「寒性」という5つの性質に分類しています。そして、夏野菜はこの中で主に「涼性」や「寒性」に該当するものが多いことが知られています。

炎天下でも食欲をそそる!おすすめの「夏野菜」7選

それでは暑い季節にピッタリのおすすめの夏野菜7種類をご紹介します。

  1. きゅうり
    水分たっぷりのきゅうりは、体を冷やし、湿気を取り除き、うるおいを与える作用があります。夏の疲れや便秘、肌のトラブル改善にも効果的です。
  2. なす
    なすには、血行を改善し体の凝りをほぐす効果があります。また、体を冷やして内側から涼しくする働きもあります。
  3. トマト
    トマトは体を潤し、渇きを癒し、暑さから解放する効果があります。便秘や口の渇きが続くときにもおすすめの夏野菜です。
  4. 冬瓜
    さっぱりとした味わいの冬瓜は、食欲がないときにも食べやすい野菜です。体を冷やすだけでなく、余分な水分を排出する利水の効果もあります。
  5. ゴーヤ
    ゴーヤには、イライラを和らげる効果があります。また、「清熱明目」と言われ、体を冷やして目のトラブルを改善する効果も期待できます。
  6. 紫蘇
    夏には薬味もおすすめです。紫蘇は、香りによって邪気を発散させ、気の巡りを改善し、胃腸を元気にする解毒効果などがあります。
  7. ミョウガ
    しそと並んで夏の薬味としてよく知られるのがミョウガです。みょうがはお腹を温め、気分を高める効果があります。また、痛みの緩和や咳の抑制にも役立ちます。
Fresh sliced watermelon on wooden background

炎熱や熱中症から守る!夏の疲れやバテに効く「夏の果物」6つ

暑い季節には、体の熱を和らげたり、心の不快感を取り除いたりする効果がある夏の旬の果物があります。東洋医学的には、特にスイカとももがおすすめです。体調がすぐれないと感じたら、毎日の食事に果物を取り入れて、元気な体を保ちましょう。

  1. スイカ
    スイカは、体の熱を取る効果が高い果物であり、まさに「天然の白虎湯」と称されるほどです。利尿作用だけでなく、猛暑によるイライラ感を和らげる働きもあります。
  2. メロン
    メロンは、食欲不振や便秘、むくみに悩んでいるときにおすすめです。暑さから体を解放し、体に潤いを与えてくれます。
  3. もも
    夏の果物の中で体を温める性質を持つももは、血液の循環を促進し、腸を潤す効果があります。さらに、気や血を補い、皮膚を保湿するなど、多くの効果が期待できます。疲れやすい時にも適しています。
  4. レモン
    レモンは体を冷やし、消化不良を助ける効果があります。胃もたれや気分のすっきり感をもたらします。炭酸水や水に入れて飲むのもおすすめです。
  5. パイナップル
    パイナップルも消化をサポートする果物です。暑さを和らげ、体に潤いを与える作用があります。食欲不振や熱中症予防に役立つ果物です。
  6. マンゴー
    マンゴーは、少し贅沢な気分を味わいたいときにぴったりです。香りによるリラックス効果が抜群で、胃を養い、体内の潤いを生み出します。胃腸のトラブルや口の渇きにも効果的な果物です。
Vegetable Ratatouille in frying pan on a wooden table

夏野菜を効果的に食べるには?

これまで紹介した夏野菜と旬の果物の効果を最大限に引き出すためには、食べ方にも注意が必要です。

まずは素材そのものを生かしたシンプルな調理法で楽しみましょう。夏野菜の鮮やかな味わいを活かすために、過度な調理は避けましょう。また、胃腸が弱い方は、火を通して食べることをおすすめします。加熱によって野菜の食物繊維が柔らかくなり、消化吸収がしやすくなります。ただし、激辛料理は発汗を促すため、暑い季節には避けましょう。あまり濃くない、やさしい味付けがベストです。例えば、なすとトマトを炒めた料理や、卵や豆腐を入れたゴーヤチャンプルー、薬味たっぷりのそうめんなどがおすすめです。これらの料理で夏野菜をたっぷり摂りましょう。そして、おやつタイムには旬の果物を楽しんでみてください。夏の果物は爽やかな甘さや豊かな水分を含んでおり、デザートやスナックとして最適です。

東洋医学の観点からオススメの「はちみつレモン」で夏を乗り切ろう!

東洋医学には「酸甘化陰(さんかんかいん)」という言葉があります。これは、「酸味と甘みを同時に持つものは体のうるおいを増やす」という意味です。夏の暑さで汗をかくと、体は常に水分不足になり、さまざまな不調が生じる可能性があります。たとえ冷房の効いた部屋にいても、知らず知らずのうちに水分が失われています。

そこで夏のドリンクとしておすすめしたいのが、「はちみつレモン」です。レモンをはちみつに漬けて作ったシロップを、炭酸水や水で割って飲んでみてください。酸味と甘みが絶妙に調和したこの飲み物は、うるおい補給に効果的です。さらに、レモンの消化促進や食欲増進の効果も期待できます。

また、他にも酸味と甘みを同時に持つ食べ物として、トマトやスイカ、ぶどうや梨もおすすめです。これらの食材は夏にぴったりであり、体のうるおいを保つのに役立ちます。夏のだるさや疲れを感じる方は特に、体の水分補給に気を配ってみてください。

  • Santéメンバー
  • Santéメンバーの新着記事
Santé 編集部

Santé 編集部

Santé編集部

Santé/サンテは日常に心地よさと洗練をもたらす健康的なライフスタイルを提案し健康・美容・運動・食事などに対して自分らしいバランス感覚を養うためのウェブマガジンです。編集部では定期的に健康に関連する様々なジャンルの記事を配信していきます。

  1. 肌再生で注目を集めるダーマローラーで理想の美肌を手に入れよう

  2. 【対談】橋本志穂×三原じゅん子 今話題のエクソソームとは!?再生医療の法整備と未来を考える

  3. 手術不要で”関節の慢性痛”を克服する幹細胞医療の最前線とは

コメント

この記事へのコメントはありません。

TAG

RECOMMEND

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

RELATED

PAGE TOP