日常に心地よさと洗練をもたらす健康的なライフスタイル提案

予防医療

今年の異常気象に注意!寒暖差疲労から回復する3つの方法

最近、体がだるい、頭痛やめまいがする、お腹の調子が悪いなどの不調を感じていませんか?休んでもなかなか元気が出ないのは、「寒暖差疲労」かもしれません。今年は例年以上に不調を訴える患者さんが多いようですが、それには今年の異常気象が深く関わっているといいます。寒暖差疲労から回復するための方法をご紹介します。

この秋は寒暖差疲労が増加している

寒暖差疲労は急激な温度変化によって引き起こされるもので、寒暖差が7℃以上になると発症しやすいとされています。代表的な症状は「秋バテ」のような倦怠感や疲れやすさ、頭痛などですが、めまいや眠気、腹痛、下痢、肩こりなど多岐にわたります。気分の落ち込みや寝つきの悪さ、熟睡できない睡眠障害も起こりうるのです。

今年の気象変化により、寒暖差疲労が心配されます。季節の変わり目は寒暖差疲労が起こりやすいものですが、今年は体への負担が増しています。10月末には秋の深まりを感じられる気温だったかと思えば、11月の3連休が季節外れの夏日となり、体は適応する暇がありません。昼と夜の気温差も大きく、寒暖差疲労のリスクが高まっています。

こんな人は寒暖差に要注意

寒暖差疲労が心配なのは、女性や体温調節が難しい人、乗り物酔いしやすい人などです。季節の変わり目に体調不良を感じる方は、特に注意が必要です。ただし、今年は夏の異常な暑さの影響で自律神経がかなり疲れています。元々元気な人でも、自律神経の乱れから不調を引き起こす可能性があります。何か異変を感じるようなら、回復のために対策をおすすめします。

寒暖差を回復させるの3つの方法

寒暖差疲労を回復させるためには、以下の3つの方法が役立ちます。

体内時計の整え方
自律神経の乱れを整えるためには、体内時計を整えることが大切です。朝は日の光を浴びてリセットし、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

適度な運動
適度な運動は代謝を上げ、自律神経を整えるのに効果的です。ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、軽い運動を日常に取り入れましょう。

入浴法
入浴も自律神経の整調に役立ちます。ぬるま湯に5?10分程度浸かり、リラックスすることで寒暖差疲労の症状が緩和されます。

まとめ

寒暖差による疲労から回復するためには、これらのセルフケアを取り入れてみましょう。天気の影響を受けやすい人は早めの対処が大切です。冬を迎える前に、体を大切に整えて、快適な秋を楽しんでください。

  • Santéメンバー
  • Santéメンバーの新着記事
Santé 編集部

Santé 編集部

Santé編集部

Santé/サンテは日常に心地よさと洗練をもたらす健康的なライフスタイルを提案し健康・美容・運動・食事などに対して自分らしいバランス感覚を養うためのウェブマガジンです。編集部では定期的に健康に関連する様々なジャンルの記事を配信していきます。

  1. AI画像分析で脳の健康をチェックし認知症を早期発見しよう

  2. 「最新がん検査DWIBS」高感度・非侵襲的な全身スクリーニングの魅力とは?

  3. 肌再生で注目を集めるダーマローラーで理想の美肌を手に入れよう

コメント

この記事へのコメントはありません。

TAG

RECOMMEND

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

RELATED

PAGE TOP